読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ETCカードのご機嫌をとる私の方法

最近、大発見したことがあります。
「なーんだ」と思われるかもしれませんが、私にとっては 画期的なことです。
それは「ETCカードは、エンジンを掛ける前に入れるといい」ということ。
これまで車に乗るときは、まずエンジンを掛け、
それからカードを入れていました。
するとだいたい、5回に1回くらいの割合で
「カードガカクニンデキマセン」との音声が発せられます。
機械にも気分があるのでしょうか、理由がサッパリ分かりません。
無事ETCのゲートをくぐれたときでも安心は出来ません、
10回に1回くらいの割合で走行中突然「エラー」と言われてしまうからです。
こうなると、出口では一般レーンを通ることになり
ETCを付けている意味がありません。
しかしです、最近何の気なしにカードを入れた後で
エンジンを掛けるようにしたら「カードガカクニンデキマセン」も、
走行中の「エラー」もパタリと無くなりました。
不思議ですが、どうしてだろうと考えると思い当たるフシがあります。
そう言えば、エンジンを掛けてからしばらくカードを入れずに
モタモタしていると「カードガソウニュウサレテイマセン」と
音声で促されていました。
ひょっとしたらあれは「ドウシテアナタハ、エンジンヲカケルマエニ
カードヲイレテクレナイノデスカ!!」というETC流の怒りの
表現だったのではないか、と思った訳です。
それに腹を立てた結果ETCは「カクニン」してくれなかったり、
「エラー」を出したりしていたのではないか、
と考えれば辻褄が合うような気もします。
もし、同じようなトラブルが出ている方がみえたら、
一度エンジンを掛ける前に、カードを入れてみて下さい。
そうすれば、ETCも機嫌よく働いてくれることでしょう。