読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐るべしインフルエンザ。

私は、いつもインフルエンザの予防接種を受けていません。なぜ受けないのかというと、自分はインフルエンザにかからないと思っていたからです。いつも手洗い、うがいとこまめにして、バランスの良い食事にきちんとした睡眠と自分のことを完璧に近いと自負していたのです。それがとうとう、インフルエンザにかかてしまったのです。
最初は、どうも具合が悪いなと思って、早寝をしました。だいたいの風邪は温かくして早く寝ればなんとかなるのですが、今回は何かが違うのです。次の日、38度近い熱が出ました。これは仕方ないと家にあった解熱剤を飲んで休んでいました。でも次の日も熱は下がらず、喉は痛いし、どうにもならないのです。でも自分がインフルエンザにかかっていると信じたくない私は、そのうちなんとかなると思い、安んでいました。次の日、これで3日目ですが、容態は相変わらず悪く熱も下がりません。どうしようか悩んだ結果、その日の夕方、病院に行ってみたのです。風邪をこじらせたと思うのですがといった途端に、医者が、インフルエンザだよと検査もしてないのに言ってくるのです。私はインフルエンザではないという思いが、一気に吹き飛ばされていきました。医者からは、いつもと違うと思えば、だいたいインフルエンザだから早く受診しろと怒られてしまったのです。
恐るべしインフルエンザと初めて思った日でした。