読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

磐田市の看護師求人と精神科の適正について教えます。

地域別の求人情報

磐田市 精神科 看護師求人
磐田市にある精神科の看護師求人の多くは非公開になっています。
下記の2サイトが磐田市の多数の求人を扱っているので、両方のサイトに登録して紹介してもらうと効率が良いです。


満足度


対応地域


求人数


詳細

看護のお仕事



ナース人材バンク




目次

精神科の看護師求人の探し方@磐田市

精神科の求人の探し方には何種類かの方法がありますので、

磐田市で精神科の求人を見つけたからといって片っ端から応募していくのではなく、

求人先がどのような病院なのか調べてから応募するほうがよいです。

精神科は開放病棟か閉鎖病棟かで、かなり雰囲気に差が出てきますし、

うつ病患者に特化した病院もあれば、認知症患者に特化した病院、

または、アルコール依存症専門の病院など、患者の疾患で病院の雰囲気が大きく違うのです。

もちろん症状にこだわりなく精神科の患者を受け入れている病院も存在します。

それ故、磐田市でも精神科への転職は時前にリサーチをしっかりと行わないと、

同じ精神科にもかかわらず自分の「イメージと違う」となってしまうのです。

トップへ戻る

■看護師求人サイトを利用する

磐田市の精神科の転職病院の雰囲気を、自分のリサーチだけで調べるには限界を感じることもあるでしょう。

その場合、看護師の転職を紹介斡旋するホームページにアクセスし自分の希望と職歴を登録して、

そこの担当コンサルタントと相談しながら自分に合った転職先を探すのがオススメです。

コンサルタントは看護師の転職専門なので、病院や磐田市の看護師求人については極めて詳しく、

また病院の内情についても知っている場合がありますし、転職専門のサイトですので、

情報が足りなければ、登録者の希望に添うべく調べてもらうこともお願いできます。

自分が働きたいと思っている精神科病院のイメージを登録しておけば、

それに近い求人の紹介の割合も増える可能性がでてきます。

また、普通の病棟勤務とは異なる精神科の具体的な仕事内容についても事前に相談ができますし、

給料や待遇といった勤める側にとって切実な問題で先方と交渉したい件があれば、

交渉経験のない登録者の代わりに担当コンサルタントが交渉してくれる点も便利です。

精神科は看護師のケアが治療の効果を本当に左右するものです。

いくら興味ややる気があったとしても、看護師として精神科に初めて勤務をする場合ならば、

比較的軽度の患者が多い病院や、教育制度のある、しっかりした病院を紹介してもらうように話を進めてください。

トップへ戻る

◇おすすめの求人サイト|磐田市

磐田市の求人数が多いサイト1

⇒求人を確認する

磐田市の求人数が多いサイト2

⇒求人を確認する

磐田市の求人数が多いサイト3

⇒求人を確認する

トップへ戻る

【磐田市の人気看護師求人

※ここで掲載しているのは求人サイトに掲載されていた情報です。 今現在同じ求人が出ているかは各求人サイトをご確認ください。

■医療法人進正会服部病院
〒438-0026 静岡県磐田市西貝塚3781-2

募集職種正看護師
配属先病棟
雇用形態常勤(夜勤有り)
給与月収295,000~325,000円 (手当含む)
掲載サイト看護のお仕事
■医療法人社団直心会ハートセンター磐田
〒438-0086 静岡県磐田市見付1819-91
募集職種正看護師
配属先病棟
雇用形態常勤(夜勤有り)
給与月収316,000円~ (手当含む)
掲載サイト看護のお仕事
■医療法人社団 恵成会豊田えいせい病院
〒438-0838 静岡県磐田市小立野102
募集職種正看護師
配属先病棟
雇用形態常勤(夜勤有り)
給与月収298,000~318,000円 (手当含む)
掲載サイト看護のお仕事
■すずかけヘルスケアホスピタル
静岡県磐田市大原2042-4
募集職種看護師
配属先病棟
雇用形態常勤(夜勤あり)
給与基本給28万8700円 ~
掲載サイトナース人材バンク
■医療法人明徳会新都市病院
静岡県磐田市 中泉703番地
募集職種看護師(正看護師)、准看護師
配属先病棟、外来、手術室、透析、その他
雇用形態正規職員 、 パート・アルバイト / 常勤 、 非常勤
給与年収 435万以上
掲載サイトナースではたらこ

トップへ戻る

【精神科医で働く為の必要スキルとメリット・デメリット@磐田市】

今までの他の診療を担当してきた看護師が、精神科への転職を希望する場合、

今まで精神科で働いてきた経験がありませんので、転職の前には注意が必要です。

そこで以下の点を踏まえ精神科への転職で注意すべきことを見ていきたいと思います。

・転職前にリサーチをしっかり行う
・スキルアップ、キャリアアップには向かない

精神科で働く看護師に必要なスキル@磐田市

精神科で働く看護師だけに必要なスキルというものが実はあります。

なぜなら他の科で働く場合と精神科で働く場合とでは少々事情が違ってくるからです。

精神科の場合は、身体的な面では元気な患者である場合が多く、通常、看護師が行う医療行為は滅多に発生することはありません。

そのかわりに精神的なケアに重点を置いた対応が必要となるので、難しい点が多くなるのです。

■感情のコントロールスキル

これは精神科に勤務する為のスキルというより性格的なもの方が色合いが強いかもしれませんが、

人とのコミュニケーションを取ることが好き、または苦にならず、

それ以外に、相手がどのような感情に陥った場合でも冷静に感情をコントロールできることが大切になってきます。

精神科の場合は特に、看護師のコミュニケーションの取り方次第によって、

患者さんへの影響が大きく、回復度も違ってくる場合もあるからです。

精神的なものは目に見える怪我でなく、その治療は困難を伴う場合が殆どですが、

それだけに精神科への勤務にやりがいを感じる人が多いのも確かな事実です。

相手の症状や性格などによって、取るべき対応は様々となりますので、

看護師は患者との対応を常に勉強し、接し方を学んでおくことも大切です。

精神科と聞くと暗いイメージがどうしても伴いがちですが、

最近の病院は昔とは違い、明るい環境の下、患者が自由に散歩を楽しんでいる病棟も少なくありません。

共にレクリエーションを楽しみ自然な声かけができる、普通の生活同様な行動ができる人向きの職場なのです。

■冷静に対応できる精神力

患者は精神の病気を患っている方々です。

日常生活では多分浴びせられないであろう暴言を吐かれたり、最悪の場合、暴力を受けそうになることも考えられます。

そんな時も、自分を責め落ち込んだり、患者に対して怒ったりすることなく、

冷静に対応できる精神力が精神科勤務を希望する看護師には大切なのです。

鬱や、認知症への研究も進み患者が増加している現代において、精神科の需要はますます高まり、

精神科の看護師として働けるスキルがあるということは看護師としてのスキルアップにもなるのです。

トップへ戻る

精神科に転職する看護師のメリット@磐田市

■精神科はやりがいがある

精神科への転職で看護師にとってのメリットを挙げるとすれば、

やはりまず一番に出てくるのは「やりがい」でしょう。

精神科の患者は心の病である為、体は元気であることが殆どです。

一般の病棟のような医療行為を行うことはほぼないでしょう。

しかし、患者への心のケアというサポートにつくことで、

患者の病状が快方に向かう状態を見られるというやりがいを感じられるのです。

精神科病棟で入院患者のケアをするときなどは特にそれを実感しますし、

看護師の声掛けの頻度や、その内容で患者の精神状態が左右されることを肌で感じられるので、

看護師の役割は本当に重要ですし、やりがいを感じることができるというわけなのです。

■症状の改善がリアルに感じる

精神科に入院されたり通院される患者は一人一人症状が違う為、それに合わせた対応を常に求められますし、

各患者に合った対応をするには常に勉強をすることにもなり、すべきことが非常に多いのですが、

精神病故に、看護師次第でケアの効果や症状の改善をリアルに感じられる点がメリットによく挙げられます。

■精神科の外来は気楽

街中にある様な外来の精神科の場合、患者との会話は看護師というよりも、

医師にメインがおかれており、その場合の看護師の仕事はそのサポートになります。

実際、看護師の仕事の殆どが受付業務や患者の呼び込みという外来診療のクリニックや医院も多く、

これぞ看護師、というやりがいを感じることはできませんが、経験の浅い若い看護師の中には医療行為が少なく、

呼び込み程度の仕事は精神的にも楽であるという理由から、わざわざ精神科を希望する人も少なくないです。

■夜勤がないケースはメリット

精神科に限ったことではありませんが、勤務先が入院をメインとした病院であると夜勤もあります。

しかし、外来にはありませんので、夜の時間を自分の好きな時間に使えるのが良いところでしょう。

確かに精神科の患者の場合は一緒にいるとこちらも凹むような行動や言動に出る人もいますので、

プライベートの充実を図ることで、仕事との切り替えをしっかりできる人は、長く働ける職場といえます。

トップへ戻る

精神科に転職する看護師のデメリット@磐田市

■医療行為のスキルが低下

精神科に転職する看護師のデメリットとして第一に挙げるとすれば、

医療行為がほぼない環境下にある為そのスキルが低下するという心配が挙げられます。

精神科での経験は看護師としてのスキルアップにつながると最初に紹介しましたが、

注射や点滴といった看護師に代表されるスキルは経験面から見ても、

毎日やるのとやらないのでは技術的に大きな差が出てきてしまうものです。

精神科の場合は体の元気な患者が多いのでどうしても、

他の科に比べて看護師が行うような医療行為の必要性も少なく、

どうしても心のケア中心となり看護師の医療行為はスキルが低下しがちになります。

■転職時も看護スキルが弊害になる

もちろん心のケアの技術を磨くことは大切です。

しかし、この先もずっと精神科にいると決めていない場合、

もし通常の病棟勤務に移動、などとなったり、他の科に転職したくなった場合には、医療行為へのブランクは不安材料となります。

磐田市である程度病棟勤務を行った看護師が精神科へ勤務しその後通常の病棟勤務に復帰というのであれば、

精神科勤務での医療行為のブランクで当初緊張をしたとしてもすぐに勘も取り戻せるかもしれません。

しかし、新卒で医療行為を実際に行うことなく精神科に配属になった看護師では、

実務経験が乏しい為、その点が特に転職する時に不安材料になってしまう可能性が出てきます。

■患者次第で傷ついたり、凹んだりする

精神科で働いていれば、時には患者から暴言を吐かれたり、普通では考えられない意地悪を言われることは珍しくありません。

通常なら言わないであろう暴言をためらいもせず口にするということは、やはり精神的な病気が根本にあるからです。

そう思い聞き流すのが仕事なのでしょうが、いくら看護師とはいえ生身の人間ですし、始めは傷ついたり凹んだりもします。

そんな時に、落ち込んだとしてもすぐ切り替えられる人でなければ、精神科の看護師としての勤務は難しいと言わざるを得ません。

患者と親しくするだけが精神科勤務の看護師ではありません。

治療の為だけでなく看護師としても職務を遂行する為にも程よい距離感を持って患者と接することが大切なのです。

■通勤に時間がかかるケースもある

病院によっては精神科は市街地から離れた山間部に作られていることが多く、

通勤に時間が長くなる可能性も踏まえ、磐田市で精神科の求人情報は探すべきでしょう。

トップへ戻る